競馬マスターズ
2019年12月08日16:07 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 太秦S



 (5)ラインカリーナや(11)レピアーウィット、(12)エアアルマスなど、少キャリアの3歳〜4歳素質馬が人気を集めることになりそうな太秦ステークス。しかしながら予想ソフトの目はそちらに向かず、波乱ムード満載の予想を打ち出してきた。
  まず『カツラギ』の筆頭は、予想勝率18%での6歳馬(16)ナムラミラクル。『C−Lex』も6歳(7)ヴェンジェンスを本命とし、さらに5歳(1)ノーブルサターンや6歳(3)ヨシオといった順。そして総合でそれらより上に位置するのが『ダビジェネ』推奨5歳馬(6)ハイランドピークという構図になっている。上位拮抗の大混戦だが、冒頭3頭の名前が挙がって来ないのが特徴だ。
  総合首位の(6)ハイランドピークは、言われてみれば確かにこれが唯一のJRA重賞勝ち馬。予想ソフトの多くは地方成績を考慮していない(データを取り込めない)ので、実績的には最上位となるのだろう。
  穴系ソフトの推奨馬はさらに高齢の7歳(10)コパノチャーリーと8歳(4)リーゼントロックで、難解ではあるが大穴狙い、太秦ステークスは(6)ハイランドピークから(16)(7)(3)(10)(4)の5頭に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.