競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 神戸新聞杯



 3歳の大物が秋のビッグタイトルに向けて始動する神戸新聞杯。今年の注目は(3)サートゥルナーリアと(5)ヴェロックスの二強対決だろう。厳しい流れの皐月賞は(3)サートゥルナーリアがアタマ差で制し、ダービーでは着順が逆転しての3着、4着。どちらも敗れはしたものの、負けて強しと言えるような内容の競馬だった。
  ということは(3)サートゥルナーリアと(5)ヴェロックス、どちらをアタマと考えるのか、馬券的にはそれが最大のポイントになる。『カツラギ』は(3)サートゥルナーリアの予想勝率を33%と算出し、(5)ヴェロックスがそれを上回る36%。『ダビジェネ』『C−Lex』など大半の予想ソフトも同様の見解で、総合首位は(5)ヴェロックスということになった。
  実績重視の傾向が強い予想ソフトが、G1・2勝の(3)サートゥルナーリアよりも、重賞未勝利の(5)ヴェロックスを上位に挙げるのはちょっとしたサプライズ。つまりは(5)ヴェロックスの指数平均レベルが高いのだ。
  穴系ソフトの推奨馬は(4)(6)(2)(1)の4頭で、波乱の目にも若干の期待。今年の神戸新聞杯は(5)から(3)(4)(6)(2)(1)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.