競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京成杯AH



 オークス上位馬の始動レースとして長らく定着していたローズステークスだが、G1級のメンバーが集まるレースも昔の話となってしまうのだろうか。一流馬のG1直行が増えたことに加えて、紫苑Sの重賞格上げ。こうなるとローズS自体のレース傾向も変わってくるのかも知れない。
  実績的には重賞3勝のG1馬、(4)ダノンファンタジーが圧倒的なのだが、同馬を本命に挙げる予想ソフトはそう多くはなく、『C−Lex』本命(8)ウィクトーリア、『ダビジェネ』推奨(1)メイショウショウブとの三つ巴という配分。
  ただし最後はやはり実績の差だろうか、『カツラギ』が予想勝率39%を掲げる(4)ダノンファンタジーが総合首位ということになった。問題は桜花賞とオークスの敗戦をどう捉えるか、その一点なのだろう。
  (12)スイープセレリタスや(10)シゲルピンクダイヤがほとんど無印なのも気になるところだが、穴系ソフトの推奨馬も大半が(1)メイショウショウブに集中してしまい、他に目立つのは(5)モアナアネラぐらい。今年のローズSは(4)から(8)(1)(6)(7)(5)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.