競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ラジオNIKKEI賞



 福島メーンのラジオNIKKEI賞は秋を見据えた4歳馬の戦い。昨年はフィエールマンがこのレースの2着のあと、休養を挟んで菊花賞を制覇の大きな飛躍。今年もそれに続く馬が現れるのだろうか。
  そうは言ってもハンデ戦。各予想ソフトの票も割れたのだが、驚かされたのは『カツラギ』の予想。一応の首位は(9)ヒシイグアスなのだが、その予想勝率は10%。下級クラスなら稀に見かけないこともない数値だが、重賞クラスでの10%首位は初めてのことになる。
  2番手以下も(10)レッドアネモス、(8)サヴォワールエメ、(5)ディキシーナイトに(11)ヒルノダカールなど出走16頭中12番目までが5%以上となっており、まさに横一線。これは本当に難しい大混戦と見える。
  しかし、レベルが低くてここまでの混戦になった訳ではなく、6位(14)ブレイキングドーンまでが重賞を勝てるレベルの指数、14位までが重賞で掲示板に載れるレベルの指数。つまりは超ハイレベルの混戦なのだ。
  穴系ソフトの推奨馬は(13)(2)(1)の3頭だが、そこまでは手が回らず、今年のラジオNIKKEI賞は(9)から(3)(10)(7)(8)(11)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.