競馬マスターズ
2019年09月16日15:07 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - TVh杯



 春の総決算である宝塚記念が終了し、福島と中京の開催が開幕。すでに北海道での開催は3週目に突入しているのだが、ここから2ヵ月が正真正銘の夏競馬。予想ソフトが得意とする小回り平坦が中心の開催になってくる。
  本日の3場メインはすべて3勝クラスの条件戦。函館メインのTVh杯は3頭の3歳馬が出走。ハンデ戦ということもあって3頭ともそれなりに人気を集めそうだが、オープンまで突き抜けた馬はともかく、突き抜けられなかった3歳馬にとってこの時期3勝クラスの壁はかなり厚い。のちにG1クラスに育つような馬以外、ほとんど通用していないのが実情だ。
  予想ソフトの評価も3歳勢には一切なびかず、(13)ハウメア、(4)スワーヴアーサーと(14)アイファープリティが上位争い。とくに(13)ハウメアは『カツラギ』予想勝率29%、『ダビジェネ』の後押しもあって不動の本命という立ち位置になる。
  穴系ソフトの推奨も(2)メイケイダイハード、(7)コーディエライトと(12)ニシノキントウンの3頭で、3歳勢は徹底軽視。今年のTVh杯は(13)から(4)(14)(2)(7)(12)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.