競馬マスターズ
2019年08月11日15:06 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天保山S



 阪神メーンの天保山Sは、ダート短距離の別定戦。この時期はまだ上級クラスでの3歳馬と古馬の対戦は多くないのだが、特にダートは翌週にユニコーンSが組まれているだけに3歳馬の出走を望むのは難しいか。馬券を買う側としては、できるだけ早めに3歳馬と古馬の力関係を把握しておきたいところではあるのだが。
  この天保山Sに限れば毎年4歳馬の出走も多くはなく、それゆえに難解なイメージ。過去6年いずれも4番人気か5番人気の馬が勝利しているのだが、今年はどうだろう。予想ソフトは(2)ファッショニスタ、(15)サヴィ、(4)テーオーヘリオスの3頭に重い印を集中させてきた。
  その中でもひと際目立つのは『カツラギ』が予想勝率45%を提示した(2)ファッショニスタだろう。たしかに実績で比較するなら、G1小差3着のこの馬が最上位だと考えて何の違和感もない。
  穴系ソフトの推奨馬は(7)アシャカダイキ、(5)ニットウスバルと(13)カフェリュウジンの3頭で、買い目のほうはすぐに決定。今年の天保山Sは(2)ファッショニスタから(15)(4)(7)(5)(13)の馬連5点流しで勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.