競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都新聞杯



 ダービーへの最終切符を巡る争いとなる京都新聞杯。厳密な意味では翌日のNHKマイルが(賞金的に)最終便となるのだろうが、そちらはあくまで別路線。同じ京都、秋の菊花賞も見据え、未完の大器がここに集結した。
  今年は重賞勝ち馬不在の京都新聞杯だが、人気の中心は2着の実績がある重賞好走馬ということになりそう。その辺りは予想ソフトが最も評価するところで、やはり(4)ブレイキングドーンと(7)タガノディアマンテが当然のように本命の印を分け合うことになる。
  『カツラギ』の本命は予想勝率23%での(4)ブレイキングドーン。続いて16%(7)タガノディアマンテなのだが、少し意外なところで3番手が15%の(5)ナイママ。実はこれも重賞・札幌2歳Sの2着馬だ。
  『カツラギ』推奨は(4)ブレイキングドーンなのだが、『ダビジェネ』『C−Lex』の本命は(7)タガノディアマンテで、印を総合していくとこちらが逆転。穴系ソフトの推奨馬は、その(5)ナイママと(10)ヤマカツシシマルの2頭だけなので、京都新聞杯は(7)タガノディアマンテから(4)(1)(5)(11)(10)の5頭に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.