競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(春)



 前哨戦圧勝のシャケトラが急逝し、昨年菊花賞上位馬の再戦ムードとなってきた天皇賞。ただ、その昨年菊花賞は歴代最速クラスのラスト2ハロン勝負。そのラップが今回の天皇賞に繋がるレースだったのか、その見極めが重要なポイントになってくるのだろう。
  予想ソフトの評価は問題なく(2)エタリオウと(10)フィエールマンの一騎打ちが提示されることになった。とくに『カツラギ』首位の(2)エタリオウは予想勝率23%、菊花賞でそれに先着してみせた(10)フィエールマンが12%で、3番手11%(9)ユーキャンスマイルとともに、(2)エタリオウには大きな差を付けられている。
  『ダビジェネ』と『C−Lex』はそれぞれ僅差で(2)エタリオウと(10)フィエールマン本命とし、序列としては(2)エタリオウ、少し離れて(10)フィエールマン、さらに離れて3番手以下という形。やはり昨年菊花賞の再戦ムードなのだろうか。
  穴系ソフトの推奨は(6)カフジプリンス、(1)チェスナットコート、(4)ヴォージュと(11)ケントオーの4頭で、買い目の5点は問題なく決定。今年の天皇賞は(2)エタリオウから(10)(6)(1)(4)(11)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.