競馬マスターズ
2019年04月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 桜花賞



 春のG1戦線、クラシック第一弾は牝馬限定の桜花賞。新馬戦で直接対決した(8)グランアレグリアと(15)ダノンファンタジーが、お互いに実績を積み上げての再戦。それらを背後から狙う(4)クロノジェネシスと(14)ビーチサンバのクイーンC組の存在も無視できず、これは一瞬たりとも目が離せない一戦となるに違いない!
  しかし予想ソフトの評価は少し様相が違う。たしかに『カツラギ』は(8)グランアレグリアと(15)ダノンファンタジーを本命・対抗に挙げているのだが、その予想勝率は19%対16%で意外に低率。しかもそれら2頭の直後には『C−Lex』推奨(2)エールヴォアが控え、さらに(1)シェーングランツや(18)プールヴィルも差がなく続く。
  (4)クロノジェネシスも一応はこのグループに入っているのだが、順位的には総合8番手。それらの間に入る(3)ノーブルスコアや(7)アウィルアウェイも含め、かなりの混戦となっている。
  穴系ソフトの推奨馬は(16)(5)(11)の3頭なのだが、とてもそこまでは手が回らない。軸は『カツラギ』本命(8)グランアレグリアとして、桜花賞は(8)から(15)(2)(1)(18)(3)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.