競馬マスターズ
2019年06月23日15:36 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - スプリングS



 今年は激しく人気が割れるスプリングS。唯一の重賞勝ち馬(1)ファンタジストは初めての中距離戦、朝日杯2着の(2)クリノガウディーも前評判ほど人気か上がって来ず、そうなると残るはほとんど重賞実績の無いメンバー構成。本番前のひと叩きを必要としなくなるこの時代、今後のクラシック・トライアルはこういったレースが増えてくるのかも知れない。
  とは言え、(1)ファンタジストと(2)クリノガウディーは明確な実績馬。予想ソフトが目を付けてくるのは、やはりこの2頭だった。『カツラギ』は予想勝率16%で(2)クリノを筆頭に推奨し、総合でそれを上回るのが『ダビジェネ』本命11%(1)ファンタジストという形。
  ただし、この2頭と差のない3番手に(5)ゲバラの名前が挙がり、さらに『C−Lex』の本命は驚愕の(16)フィデリオグリーン。妙味ではなく的中率を重視した上で、この予想結果。やはり一筋縄ではいかないということだろうか。
  その代わり穴系ソフトの推奨馬は(12)(6)の2頭に絞れ、買い目のほうはスンナリと決定。今年のスプリングSは(1)から(2)(5)(16)(12)(6)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.