競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 金鯱賞



 今年も好メンバー、連勝良血(8)エアウィンザーと長期休養明けの最強馬(1)ダノンプレミアムの対戦が楽しみな金鯱賞。しかし予想ソフトはこれを2強対決と認めず、第三勢力も含めた混戦の図式を打ち立ててきた。
  まず気になるのは(8)エアウィンザー。たしかに実績では大きく劣る馬なのだが、予想ソフトの印はほとんど皆無。『カツラギ』に至っては予想勝率2%の10番手。大崩れのない成績は予想ソフト好みであるだけに、これは意外と言えるだろう。
  『カツラギ』は予想勝率34%で(1)ダノンプレミアムを筆頭に推奨し、その両脇を固めるのは18%(6)ペルシアンナイトと15%(10)アルアイン、タイトル持ちの5歳勢。そしてそれらをまとめて喰ってしまおうというのが、『ダビジェネ』『C−Lex』本命の(11)リスグラシューという構図になる。
  たしかに連の軸と言う意味では、(6)ペルシアンナイトや(10)アルアインとは比較にならないぐらい安定している(11)リスグラシュー。穴系ソフトの推奨馬は(7)(12)(2)(4)の4頭で、大穴狙いの(2)と(4)はカット。今年の金鯱賞は(11)リスグラシューから(1)(6)(10)(7)(12)の馬連5点での勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.