競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中山牝馬S



 牝馬限定のハンデ戦。コースや距離、時期を考えても荒れる要素しか見当たらない中山牝馬S。毎年2〜3頭ほどがハンデ56kg以上に設定されるレースなのだが、今年は56kgが1頭だけ。4歳馬は軽量に設定される時期なので、今年は5歳以上の層が薄いということか。
  そういった意味で期待されるのは4歳馬の(13)ミッキーチャーム。未勝利から圧勝続きの3連勝、続くG1・秋華賞でもアーモンドアイ以外の15頭には影も踏ませなかった快速馬だ。この馬と、世代屈指の実力馬である(2)ノームコアとの直接対決は非常に興味深い。
  ただ、予想ソフトの視点は2強対決ではなく、印の上では(13)ミッキーチャームが(2)ノームコアを圧倒。とくに『カツラギ』は(13)ミッキーチャームの予想勝率を17%と設定し、2番手に15%(6)ランドネ。3番手も11%(7)フロンテアで、そこに(2)ノームコアの姿はない。
  実績的にはG1ホースの(1)アドマイヤリードが抜けているはずなのだが、トップハンデの影響か、同馬は△の印がチラホラと付く程度。穴系ソフトの推奨馬は(3)(4)(11)の3頭で、今年の中山牝馬Sは(13)から(6)(7)(3)(4)(11)に流す結論になる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.