競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 仁川S



 09年から長らく別定戦として施行されていたオープン特別・仁川ステークスが、昨年からハンデ戦としての施行に。実はこのレースの勝ち馬は、ワンダーアキュートやアポロケンタッキー、グレイトパールなど、のちの重賞勝ち馬を多数輩出。隠れた出世レースとなっていた。
  そういった出世レースであるからこそ、フレツシュな4歳馬に注目したいのだが、今年はその4歳馬が1頭も見当たらず。こうなると人気を集めるのは前年勝ち馬の(4)ナムラアラシか、もしくは同馬を含めた前走アルデバランSの上位組だろうか?
  予想ソフトが評価してきたのはアルデバランSの勝ち馬と、東海Sでその(1)アングライフェンに先着した(5)コスモカナディアン。総合では『カツラギ』予想勝率35%の(1)アングライフェンが、18%(5)コスモカナディアンを退ける形となった。
  総合3番手は『C−Lex』本命の(7)キクノルアで、穴系ソフトの推奨馬は(3)オールマンリバー、(16)シャイニービームと(15)タガノディグオの3頭。ハンデ戦であっても買い目の方は問題なく決まり、今年の仁川Sは(1)アングライフェンから(5)(7)(3)(16)(15)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.