競馬マスターズ
2019年02月17日15:20 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アルデバランS



 本日の京都メーンはダート1900mのオープン特別、アルデバランS。この時期の4歳馬は重賞に挑戦していく傾向にあり、ここからフェブラリーSを目指すには遅すぎる時期ということもあって、別定戦ではあるが毎年わりと薄目のメンバー構成。波乱傾向の強いレースとなっている。
  ならば人気の中心は近走好調の5歳勢、(1)モズアトラクションや(6)テルペリオンと考えられるのだが、予想ソフトの評価は断然(3)アングライフェン。実はこれが前年の同レース2着馬であり、前走はG2で6着。多くのソフトが(14)カゼノコを2番手に挙げている辺り、G2・東海Sの評価が格段に高いものと思われる。
  『カツラギ』の提示する(3)アングライフェン予想勝率は驚異の47%で、続いて(14)カゼノコが12%。3番手7%(12)ザイディックメア、4番手6%(8)ピオネロより先はすべて5%以下なので、ここはもう(3)から勝負するしか考えられない。
  『ダビジェネ』『C−Lex』といった主要ソフトも本命(3)アングライフェンで統一。5歳馬2頭は共に4番手以下なので、アルデバランSは(3)から(14)(8)(2)(9)(5)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.