競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神カップ



 09年と10年にキンシャサノキセキが連覇し、続いて11年と12年はサンカルロ、さらには13年と14年をリアルインパクトが連覇している阪神カップ。稀にみるリピーター重賞として有名なレースだが、今年は前年勝ち馬も好走馬も不在。ならば注目すべきは2年前の勝ち馬(7)シュウジか、それとも同コース重賞を勝っている(3)ダイアナヘイローか?
  予想ソフトはそういった傾向を気にするはずもなく、『ダビジェネ』と『カツラギ』の本命が予想勝率は34%の(15)ジュールポレールで一致した。さすがにG1ホースと言ったところだが、同馬の他にも数頭のG1ホースが居並ぶ好メンバー。これは少し意外な高評価か。
  それに続く2番手は『C−Lex』推奨の(14)ワントゥワンで、総合3番手は(9)ラインスピリット。ここにG1どころが重賞勝ちも経験していない馬が並ぶ辺り、相当難しいレースなのだろうと推測してしまう。
  穴系ソフトの推奨馬も(5)(1)(12)(8)(3)の5頭が並び、絞り込みが難しいレース。一応の結論は(15)ジュールポレールから(14)(9)(5)(1)(12)の5点となるのだが、(10)(6)(13)(11)なども差がなく続いている点には注意しておきたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.