競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神JF



 2歳牝馬のナンバー1決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズ。朝日杯FSに対してホープフルSがある牡馬路線とちがい、牝馬はこのレースが唯一無二の頂点。以前は波乱傾向の強いレースだったが、06年の阪神改装以降は、桜花賞はもちろんオークスにまで直結しやすいレースとなっている。
  オッズ的には3強態勢、そこに(11)ビーチサンバが続く形になりそうだが、『カツラギ』の本命は(12)レッドアネモス。ただしその予想勝率は14%で、12%(2)ジョディー、11%(13)ダノンファンタジー、さらには(5)メイショウショウブ、(15)ローゼンクリーガー、(1)ベルスールなど、10%前後で6頭が並ぶ大混戦を想定している。
  これら『カツラギ』上位の中に(9)クロノジェネシスと(4)シェーングランツの名前がないのが気になったのだが、この2頭は『ダビジェネ』と『C−Lex』の筆頭推奨馬。こうなるともう収拾を付けるのが難しい。
  一応の総合首位は(12)ということになるのだが、穴系ソフトの推奨も(7)(8)(18)(6)の4頭が挙がり、とても5点以内には収まらない。結論としては(12)から(9)(4)(1)(15)(8)だが、オッズ次第では手広く買うという手もアリ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.