競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ローズS



 近年、オークス馬の始動レースとして定着していたローズステークス。オークス勝ち馬のみならず、オークス上位馬が数多く参戦するレースとして有名なのだが、今年はオークス6着の(8)サトノワルキューレが最上位となる異例の一戦。ある意味、実績馬不在。予想ソフトの評価も相当割れることになった。
  『カツラギ』の本命は(8)サトノワルキューレだが、その予想勝率は16%止まり。『ダビジェネ』本命(14)ウラヌスチャーム、『C−Lex』推奨(5)サラキア、さらには(7)センテリュオに(11)トーセンブレスなど、上位5頭ほどがほとんど横一線で並ぶ形となっている。
  付け加えると、すこし離れたところに(13)カンタービレと(6)オールフォーラヴも控えており、上位人気馬の7頭が勢ぞろい。その7頭の評価は、オッズよりも凝縮されているように見える。
  ただし、それでも総合最上位は(8)サトノワルキューレ。僅差ではあるが、票が割れすぎてどの馬も逆転までには至らない。穴系ソフトからは(1)(9)(4)の3頭が選出され、絞り込みが難しいところだが、ローズSは(8)から(14)(11)(1)(9)(4)の馬連5点を結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.