競馬マスターズ
2018年08月12日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 函館記念



 函館メーンの函館記念は、前週の七夕賞と並び夏競馬の象徴となる芝2000mのハンデ戦。近年は競馬場の改装や距離変更でバリエーションが出てきたのだが、20世紀の夏競馬は、平坦小回り芝2000mのハンデ重賞が2ヵ月ほど毎週続くようなイメージだった。
  今年の函館記念、予想ソフトの本命は(5)スズカデヴィアス、(6)エアアンセムと(7)トリコロールブルーで割れたのだが、その中でもイチ推しは(7)トリコロールブルー。『カツラギ』予想の勝率52%と決め手となった。
  『カツラギ』2番手10%の(6)エアアンセムが『C−Lex』の本命であり、3番手7%の(5)スズカデヴィアスが『ダビジェネ』の筆頭推奨。こうなると全体的に見ても4番手以下とは大きな差が付くことになる。
  ハンデ戦としては珍しく印が同一馬にまとまった印象なのだが、それより凄いのは(7)トリコロールブルーの予想勝率52%だろうか。ハンデ戦でここまでの高率は、条件戦を含めても1年に1度あるかないかだろう。
  逆に穴系ソフトの推奨馬は(2)(9)(12)(8)と4頭が挙がり、今年の函館記念はヒモ穴狙い。(7)トリコロールから(6)(2)(9)(12)(8)で勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.