競馬マスターズ
2018年08月12日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - マレーシアカップ



 中京メインのマレーシアカップは毎年10頭前後の少頭数で行われるイメージのレースなのだが、それにしても今年は驚きの6頭立て。JRAのメインレースが6頭立てというのは記憶になかったのだが、どうやら2000年の6月11日以来、約18年ぶり。今世紀に入ってからは初めてのようだ。
  1996年夏には5頭立てのメインレースもあるのだが、“少頭数だから簡単”ともいかないのが競馬の難しいところ。たとえ4頭立てでも3頭立てでも、難しいレースは難しいのだ。
  そういった筆者の思いを汲み取るかのように、予想ソフトの評価は割れた。6頭立てなのに、本命が4頭に割れた。(1)サトノティターン、(2)エンジニア、(3)メイズオブオナーと(6)スズカルパン。印の数でも4頭がほぼ横一線となっているのだが、総合首位は(1)サトノティターン。決め手は58%の『カツラギ』予想勝率だ。
  そういった意味では『カツラギ』だけは(1)サトノティターン58%、(3)メイズオブオナー20%、(2)エンジニア15%と明確な序列を付けている。穴系ソフトの推奨馬は(5)(4)の2頭で、マレーシアカップは(1)から(3)(2)(6)(5)(4)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.