競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 五稜郭S



 函館メインの五稜郭Sは、(11)マイスタイルに注目か。形の上では昇級戦となるのだが、1年前には弥生賞2着、日本ダービーでも4着に好走した実力馬。この辺りの実績評価は予想ソフトが得意とするもので、予想勝率28%。当然(11)マイスタイルにはズラリと◎の印が並ぶことになった。
  2番手以降は大きく離れて(9)ショウナンマルシェや(1)ドレッドノータスが続き、穴系ソフトの推奨馬は(5)(3)(10)の3頭。このぐらいの頭数なら買い目のほうはスンナリと決まり、五稜郭Sは(11)から(9)(1)(5)(3)(10)の5点に流す結論としてみたい。
  中京メインの豊明Sは、“勝って再び同条件”の出走となる(7)オールポッシブルが『カツラギ』予想勝率24%での総合首位。こちらも2番手(13)エイシンティンクル、3番手(8)ドーヴァーと、穴系ソフト推奨の(9)(4)(11)の序列が明確で、(7)から(13)(8)(9)(4)(11)で問題なさそう。
  そして最後に阿武隈S。ここはさすがにハンデ戦、予想勝率は17%と高くはないのだが、それでも『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』の本命が(3)ミッキーグローリーで一致。ならば何も問題はなく、(3)から(13)(7)(4)(12)(9)の結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.