競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - TVh杯



 宝塚記念が終了し、福島と中京の開催が開幕。すでに北海道での開催は3週目に突入しているのだが、ここから2ヵ月が正真正銘の夏競馬ということになる。
  本日の3場メーンはすべて準オープン戦。函館メインのTVh杯は3歳馬(11)アマルフィコーストの存在が気になるところだが、総合では予想勝率26%で(3)デアレガーロが『カツラギ』の本命。2番手も(1)ダイシンバルカンで大勢は一致し、ここは順当に(3)から(1)(8)(2)(13)(6)に流す結論となる。
  中京メインの白川郷Sは、『ダビジェネ』『C−Lex』本命の(3)ミキノトランペットを相手に『カツラギ』予想勝率24%の(6)ダノンレーザーが総合首位を死守。互いに譲れぬ一騎打ち、明暗を分けるのはハンデの斤量差だろうか? こちらは(6)から(3)(9)(14)(5)(16)へ。
  福島メインのテレビユー福島賞は先の2レース、ハンデ戦よりも票が割れて、(8)(1)(5)(9)(14)(10)の6頭が横一線に近い状態。辛うじての総合首位は『カツラギ』予想勝率27%の(8)エリシェヴァなのだが、穴系ソフト推奨の(15)(6)(7)までは手が回らず。馬連で(8)から(1)(5)(9)(14)(10)の5頭に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.