競馬マスターズ
2018年07月22日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神大賞典



 上昇一途の(8)クリンチャーが、圧倒的人気を背負いそうな阪神大賞典。今年に入ってからの古馬重賞戦線を席巻する現4歳世代、それらの中でも特に大きな期待が掛けられている一頭だ。
  しかしながら(8)クリンチャーに対する予想ソフトの期待は存外に薄い。『カツラギ』は予想勝率の26%で(10)アルバートを本命とし、『ダビジェネ』と『C−Lex』はそれぞれ(7)レインボーラインと(6)サトノクロニクルを筆頭に推奨。(8)クリンチャーの印は△ばかりが並び、予想勝率10%。総合4番手という位置に収まってしまった。
  穴系ソフトの推奨馬は(4)カレンミロティック、(1)トミケンスラーヴァ、(2)スーパーマックスと(5)コウエイワンマンの4頭で、この距離、頭数の割には波乱ムードが満載。阪神大賞典は(10)アルバートから(7)(6)(4)(1)(2)に流す結論としてみたい。
  中山メインのスプリングSは、少し意外なところで(7)ビッグスモーキーが『カツラギ』『C−Lex』の本命として一致。たしかに前走・すみれSの指数はなかなかのハイレベル、こちらは予想勝率26%の(7)ビッグスモーキーから(8)(5)(2)(12)(6)の馬連で。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.