競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 若葉S



 今年は異例のG1馬出走で、例年以上に注目のレースとなった若葉ステークス。これは02年アドマイヤドン以来16年ぶりのことであり、通常は重賞勝ち馬の出走さえ稀な若葉S。負けられない一戦であることは確実で、『カツラギ』予想勝率の38%、これを高いと見るかか低いと見るかの勝負になるのだろう。ちなみに予想勝率38%は単勝オッズに換算すると2.6倍程度ということになる。
  とは言え、印のほうは『ダビジェネ』『C−Lex』も含めて全ソフト迷うこともなく本命(12)タイムフライヤーで決定。若葉Sは馬連で(12)から(4)(7)(6)(10)(5)、あとはオッズとの相談ということになるのだろう。
  中山メインのフラワーCは、少し意外なところで(3)ノームコアと(5)ノーブルカリナンの一騎打ちと算出された。(3)ノームコアの『カツラギ』予想勝率は19%で、(4)ロックディスタウンは9%の総合5番手どまり。こちらは(3)から(5)(1)(12)(2)(8)に流す結論となる。
  中京メインのファルコンSは、(11)アンブロジオや(13)タイセイアベニールを抑え込んでの『カツラギ』本命(10)ミスターメロディ。馬連で(11)(13)(15)(1)(6)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.