競馬マスターズ
2018年08月12日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 金鯱賞



 少頭数ではあるものの、2強対決に沸く金鯱賞。(9)スワーヴリチャードか、それとも(5)サトノダイヤモンドか。ところが予想ソフトの見解は、思いもよらぬ方向に振れていくことになった。
  まず最初に目を疑ったのは、(9)スワーヴリチャードを本命とする予想ソフトが皆無という点だ。決して評価が低いわけではない。しかしその印は対抗だけが並び、どの予想ソフトもその上に1頭の馬が存在しているのだ。
  それが『カツラギ』予想勝率35%の(5)サトノダイヤモンドだけであれば、話は簡単だったのだろう。しかしそうではない。(5)サトノダイヤモンドに◎を打つのは『カツラギ』だけであり、『ダビジェネ』本命(6)ダッシングブレイズ、『C−Lex』推奨(7)デニムアンドルビーなど、(9)スワーヴの上に位置する馬は各ソフトでバラバラ。そこに(2)メートルダールと(3)ブレスジャーニーも加わってくる。
  つまりは少頭数ながら、上位拮抗の非常に難解な一戦。これが予想ソフトの出した結論だ。一応の首位は(7)デニムアンドルビー、金鯱賞はこの馬から(9)(5)(6)(2)(3)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.