競馬マスターズ
2018年06月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - クイーンC



 3日連続開催の3日目、東京メインのクイーンカップは後のG1馬がズラリと並ぶ出世レース。昨年も2着馬アエロリットと4着馬レーヌミノルが後にG1勝ち。必ずしもここを勝っている必要はなく、目安としては4着以内。後の出世が約束されるドリーム・レースとなっている。
  そういった中、『カツラギ』が本命に挙げてきたのはシンザン記念2着の(13)ツヅミモン。予想勝率22%、たしかに重賞実績を言えばこの馬が一番で、そこに『C−Lex』推奨の阪神JF3着(10)マウレアと、フェアリーS3着(12)レッドベルローズが続く構図になるのは、当然のことと言えるだろう。
  予想ソフトが行っているのは、将来性の比較ではなく過去実績の比較。予想ソフトの未来予測とは、過去実績に基づいての確率計算なのだ。
  ということで、(13)ツヅミモンと(10)マウレア、(12)レッドベルローズの上位は揺るぎない決定事項。クイーンカップは穴系ソフト推奨の(2)フィニフティ、(15)モデレイト、(16)マルターズルーメンの3頭も加え、(13)ツヅミモンから馬連で(10)(12)(2)(15)(16)に流す結論となる。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.