競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 愛知杯



 年末の開催から年明け開催に移設して3年目となる愛知杯。95年までは冬季集中で年間4レースしか施行されていなかった古馬牝馬限定の重賞だが、この移設などにより年間11レース。夏季を除けばほぼ毎月施行という状態になった。
  実績馬の多くが年末で繁殖に上がってしまうため、実績馬がそろいづらい愛知杯ではあるのだが、今年は唯一の重賞勝ち馬にして重賞2勝馬、昨年の勝ち馬でもある(7)マキシマムドパリの存在が際立つことになる。
  予想ソフトは基本的に実績重視なので、この馬が中心に据えられるのは想像に難くない。『カツラギ』予想勝率21%はハンデ戦であることを考えれば十分な高率であり、『ダビジェネ』の印もそれを後押しする。
  『C−Lex』の本命は(3)メイズオブオナーで、この馬と(10)エテルナミノル、(1)ゲッカコウと(5)タニノアーバンシーの4頭が2番手を争う形。穴系ソフトの推奨馬も(8)レイホーロマンス、(16)ハッピーユニバンス、(13)コパノマリーン、(11)シャルールと多岐に渡り、この辺りはさすがにハンデ戦。愛知杯は相手選びが難解だがだが、(7)から(3)(10)(1)(5)(8)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.