競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 -シンザン記念



 朝日杯フューチュリティSの上位馬と、牝馬が好成績を残す傾向にあるシンザン記念。特にこのレースで2番人気以内に支持された牝馬は、ライトカラー、シーキングザパール、フサイチエアデール、ダイワスカーレット、ジェンティルドンナにジュエラーなど超高確率でG1級に育っているだけに、その点にも注目しておきたい。
  しかしながら予想ソフトの目は牝馬に向かず、朝日杯上位組の(2)ファストアプローチと(11)カシアスが印を分け合うことになった。とくに『ダビジェネ』と『カツラギ』がダブルで推奨する(2)ファストアプローチは驚異の予想勝率49%で、2番手27%の(11)カシアス以下を圧倒。朝日杯で指数を下げた(11)カシアスよりも、ここから更に上がり目があると考えられているようだ。
  穴系ソフトの目も牝馬には向かず、(6)ブランモンストル、(4)ベルガド、(5)マイネルエメの牡馬3頭。唯一総合3番手に入った牝馬は『C−Lex』本命の(7)ツヅミモンで、(3)アーモンドアイはほぼ無印。シンザン記念は(2)ファストアプローチから(11)(7)(6)(4)(5)に流す結論になる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.