競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 -有馬記念



 各路線の主役たちが一堂に会し、年末最後の大勝負にいどむ有馬記念。ここがラストランとなる(2)キタサンブラックは、前走のジャパンカップを3着に敗れた上で、それでもさらに人気を上げての出走ということにもなりそうだ。
  ちなみに(2)キタサンブラックはデビューから前走までの19戦をすべてのレースを中央4場で走っており、東京6戦4勝、京都4戦4勝、中山5戦2勝、阪神4戦1勝という内訳。東京や京都と比較すると若干信頼度が落ちる傾向にはある。
  その辺りを予想ソフトが考慮しているのかは分からないが、『カツラギ』と『C−Lex』の本命は文句なしに(10)シュヴァルグラン。予想勝率21%、(2)キタサンと同世代の5歳馬ではあるのだが、ここからまだ更に上がり目があるようだ。
  それに続く2番手は3歳馬の(14)スワーヴリチャードで、(2)キタサンブラックは意外にも穴系ソフトの支持を集めての総合3番手。たしかにこれは人気と着順の相関関係を一覧にしてみると、穴系ソフトに評価されそうな成績ではある。今年の有馬記念は(2)キタサンをあえて外し、(10)から(14)(12)(7)(4)(15)で勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.