競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 -朝日杯FS



 年末のホープフルSがG1に格上げされ、メンバーが手薄になることも懸念された朝日杯フューチュリティSだが、とりあえずのところ何の問題もなく平年レベルのメンバーは確保できたようだ。
  その中でも、大きいのは(1)ダノンプレミアムの存在だろう。先行馬総崩れでレコード決着となったサウジアラビアロイヤルカップを先行2番手から楽勝してしまうのだから、これを予想ソフトが評価しないはずもない。『ダビジェネ』本命、『C−Lex』本命、そして『カツラギ』予想勝率25%。死角なしの大本命という扱いになっている。
  それに続く2番手は(3)タワーオブロンドン、(6)アサクサゲンキ、(11)カシアスの京王杯2歳S組3頭で、(10)ステルヴィオはそれらに続く総合5番手。(1)ダノンプレミアムの相手は穴目を狙うのが面白いかも知れない。
  ヒモ穴といえば穴系ソフトの推奨馬も数が出揃い、これが(8)ファストアプローチ、(14)ダブルシャープ、(9)ムスコローソと(13)アイアンクローの4頭。こうなると5点に絞るのも難しくなってくるのだが、朝日杯FSは(1)から(6)(11)(8)(14)(9)への馬連5点を結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.