競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 -ターコイズS



 重賞に昇格して3年目、ようやくG3の格がついたターコイズステークス。距離に関してはオープン特別だった時代から2000メートル、1800メートル、1600メートルと徐々に短縮されてきた歴史がある。
  ハンデ戦であるだけに難解な一戦かとも思われたのだが、予想ソフトは明確に(11)エテルナミノル優位の方針を打ち立ててきた。『ダビジェネ』『C−Lex』など、すべての予想ソフトがこの馬を対抗以上に挙げ、『カツラギ』本命・予想勝率17%。ハンデ戦としては十分な数字と思われる。
  それに続く2番手以下は(7)フロンテアクイーン、(2)ワンブレスアウェイ、(14)デンコウアンジュといった辺りで、ここまですべて4歳勢。実績的には3歳勢のほうが優位と思える節もあるのだが、3歳馬は5番手(12)ラビットランが辛うじて上位に食い込む程度だ。
  穴系ソフトの推奨馬は(3)オート、(15)ディープ、(6)リエノ、(5)ハロー、(13)ペイシャと多数が出そろい、この辺りはさすがにハンデ戦。ターコイズSは相手選びが難解だが、(11)エテルナミノルから(7)(2)(14)(3)(15)。3歳馬徹底軽視の方針で絞ってみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.