競馬マスターズ
2017年12月17日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップ



 2005年以降、外国馬が一度も馬券に絡めていないジャパンカップ。掲示板(5着以内)どころか、二桁着順でなければ健闘と言えてしまう部類。外国馬の強さに唖然とした20年前とは、まるで別レースのようだ。
  ともあれ、今年のジャパンカップも焦点となるのは3歳馬と古馬の比較。3歳馬2頭もダービー馬とオークス馬であるだけに、これは分からないと思っていたのだが、それでもやはり、予想ソフトが上位に挙げるのは歴戦の古馬の方だった。
  ただしその票は(4)キタサンブラックに集中せず、(1)シュヴァルグランと(12)サトノクラウンを加えた三つ巴。その中からわずかに抜け出たのは、『カツラギ』が予想勝率21%で筆頭に推奨する(12)サトノクラウンだ。
  『カツラギ』は(4)キタサンブラックの予想勝率を15%と算出し、3歳馬(2)レイデオロは9%。そのほかにも、意外と多くの7頭ほどが5〜10%をキープしており、これはオッズ以上に混戦なのかも知れない。
  そうなると穴系ソフト推奨の(9)(15)(17)辺りにまでは手が回らず、(4)キタサンブラックも避けて妙味。ジャパンカップは(12)から(1)(8)(5)(13)(9)での勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.