競馬マスターズ
2017年11月19日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京王杯2歳S



 前日に同距離のファンタジーSがあるので、今度は牡馬が中心勢力となってくる京王杯2歳Sだが、毎年あえてこちらに挑戦する牝馬も少なくはない。基本的に牝馬には厳しいレースとなっているが、前年桜花賞馬のレーヌミノルを筆頭に、アニメイトバイオやコイウタなど、ここで3着以内に好走した牝馬は後にG1級の活躍を見せている点は見逃せない。
  今年は函館2歳S勝ち馬(6)カシアスと小倉2歳S勝ち馬(8)アサクサゲンキの直接対決が実現した京王杯2歳Sだが、それでも予想ソフトの本命は圧倒的に(1)タワーオブロンドンと出た。『カツラギ』予想勝率の20%はそれほど高い数字ではないのだが、『ダビジェネ』『C−Lex』も含めてすべてのソフトが異論なし。大きく離れたところで(6)カシアスと(8)アサクサゲンキ、2頭の重賞勝ち馬が2番手を争う形となっている。
  穴系ソフトの推奨馬を見ると、ここで(2)トーセンアンバーと(4)ニシノウララの牝馬2頭。京王杯2歳Sは基本堅目だが、(1)タワーオブロンドンから(6)(8)(2)(10)(4)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.