競馬マスターズ
2017年11月19日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 -富士S



 東京メーンの富士ステークスは、G1・マイルCSへのステップと位置づけられるG3。2週前には類似条件のG2・毎日王冠、翌週にはG1・天皇賞が控える日程で、メンバー構成は手薄になりがち。ゆえに人気薄の好走がめだつ、荒れ傾向の重賞となっている。
  とはいえ今年は前年2着の(15)イスラボニータを筆頭に、わりとメンバーがそろった印象か。しかしそれでも、この中で(15)イスラボニータに先着した経験があるのは(6)エアスピネルだけだし、(6)エアスピネルに先着経験があるのも(15)イスラボニータだけだ(1勝1敗)。
  実績的にもこの2頭が予想ソフトの支持を集めるのではないかと考えていたのだが、『ダビジェネ』と『C−Lex』は少し意外なところ、京王杯AH1着、2着の(11)グランシルクと(4)ガリバルディをそれぞれ筆頭の候補に立ててきた。
  (15)イスラボニータは『カツラギ』が予想勝率22%で盛り立てるも、先の両頭には及ばず総合3番手。(6)エアスピネルはそのあと、総合4番手という位置に。穴系ソフトの推奨馬は(3)(12)(10)(14)の4頭で、やはりここは穴狙い。(11)から(4)(3)(12)(10)(14)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.