競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 府中牝馬S



 アイルランドとの外交関係樹立60周年を記念して今年からアイルランドトロフィーの名称が加わる府中牝馬ステークス。施行時期や距離的にヴィクトリアマイル上位組対クイーンS上位組といった構図になりやすいレースだが、今年の目玉はドバイ帰りの(1)ヴィブロスということになりそうだ。
  しかしながら予想ソフトは海外成績のデータを取り込むことができず、外国馬の多くが“初出走新馬”と扱われてしまうように、同馬のドバイターフ(国際G1)快勝を評価することができない。
  その結果『カツラギ』だけは予想勝率22%で(1)ヴィブロスを本命に挙げているのだが、『ダビジェネ』本命(5)トーセンビクトリー、『C−Lex』推奨(2)ハッピーユニバンスに次ぐ総合3番手にとどまることになった。
  ドバイターフを抜きにしても前年の秋華賞馬、評価が低すぎるような気がしないでもないのだが、同じくG1勝ちの(7)アドマイヤリードや(4)クイーンズリングがさらに下位に位置するのなら、理解できないこともないか。府中牝馬Sは(5)トーセンビクトリーから(2)(1)(11)(10)(6)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.