競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中京記念



 安田記念から1ヵ月半、古馬マイル重賞の後半初戦として定着してきた中京記念。現施行条件になってからの過去5年、連対馬のべ10頭はいずれも5番人気以下だった。とくに1番人気と2番人気は過去5年、1度も馬券(3着以内)に絡んでおらず、これは相当な荒れ重賞だと思われる。
  そういった傾向のハンデ戦、予想ソフトの評価も割れに割れた。まず『カツラギ』は予想勝率23%で(6)グランシルクを筆頭に挙げるのだが、『ダビジェネ』と『C−Lex』は、それぞれ(3)ウインガニオンと(16)サンライズメジャーを本命に。
  さらに(8)アスカビレン、(12)トウショウピスト、(9)スーサンジョイなど各ソフトの本命はまったくのバラバラであり、これらが横一線に並ぶ状態。全体的に(9)スーサンジョイの評価が高いのは、多くの予想ソフトが芝・ダートを区別しない方針であるためか。
  ともすれば(9)スーサンジョイが総合首位とも思われたのだが、そこは△も含めた印の数で(6)グランシルクが辛うじての首位。紙一重ではあるが、中京記念は(6)から各ソフトの本命馬、(9)(3)(16)(8)(12)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.