競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 大沼ステークス



 函館メーンの大沼ステークスはオープン特別の別定戦。2週間後には同コースのオープン特別・ハンデ戦のマリーンSが組まれており、毎年この大沼ステークス出走馬の半数ほどが次走マリーンSでの再戦という流れとなっている。
  今年は斤量59kgの(13)ショウナンアポロンや58kg(1)ジェベルムーサなど、わりと実績馬がそろった印象だが、『カツラギ』『C−Lex』が本命に挙げたのは、準オープンを勝ち上がったばかりの56kg(8)テイエムジンソクだった。その予想勝率は23%、前走は高指数で4馬身差の楽勝、この夏の上がり馬にならんと目論む5歳馬だ。
  それに対抗するのは『ダビジェネ』が推奨する(5)リーゼントロックで、さらには(2)タガノエスプレッソ。予想ソフトの◎○▲はほとんどこの3頭が独占しており、大きく離れた4番手に(6)メイショウスミトモ。(1)ジェベルムーサは総合9番手という低評価でしかない。
  穴系ソフトが推奨する高配当の使者は(13)ショウナンアポロン、(4)モズライジンと(7)ナリタハリケーンの3頭で、買い目のほうはスムースに決定。大沼Sは(8)から(5)(2)(13)(4)(7)の5点で勝負。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.