競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天保山S



 阪神メーンの天保山ステークスは、ダート短距離のオープン特別。ここは前走類似条件で57.5kgのハンデを背負い、スタートで出遅れながらも(普段と違う競馬で)2着に追い込んできた(5)コウエイエンブレムのレースぶりが注目されるところだろう。
  キャリアの少ない4歳馬ではあるが、それでも実績的には最上位クラス。となれば予想ソフトがこれを嫌うはずもなく、『ダビジェネ』と『カツラギ』が同馬を強く推奨。予想勝率33%、『C−Lex』本命の21%(1)スマートアヴァロンを突き放す形での総合首位となった。
  上位2頭と3番手以下の差は大きく、穴系ソフトの推奨馬は(6)(13)(11)(9)の4頭。ならば馬連2点目以降は中穴狙い、天保山Sは(5)コウエイエンブレムから(1)(6)(13)(11)(9)に流す結論となる。
  東京メーンのジューンSは、降級馬の(1)プロディガルサンが、驚異の『カツラギ』予想勝率67%。2番手にも同じ4歳の(5)ヴォージュが追随するも、予想勝率は19%であり、その差は歴然。こちらは(1)プロディガルサンから(5)(2)(6)(4)(9)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.