競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 青葉賞



 1ヵ月後の日本ダービーと同じ、東京芝2400mで行われる青葉賞。このトライアルをステップにダービーを制覇した馬はまだ現れていないのだが、シンボリクリスエスやゼンノロブロイの時代から近年はウインバリアシオン、フェノーメノなど、このレースをステップとしたダービー好走馬も決して少なくはない。
  今年の注目株は何といっても(10)アドミラブル。ダービーへの出走権を持たない現時点で、早くもダービー本命を公言する人も少なくない素質馬だ。フサイチコンコルドの母・バレークイーンを祖とする血脈で、血統的な期待もあるのだろう。
  予想ソフトからは『ダビジェネ』と『C−Lex』が(10)アドミラブルを本命に推奨してきた。『カツラギ』の予想勝率が13%の3番手にとどまっている辺りは意外だが、それでも総合首位は譲らなかった。
  『カツラギ』の本命は予想将釣り21%の(4)ポポカテペトルであり、続いて18%(11)トリコロールブルー。穴系ソフトの推奨馬は(2)サーレンブラント、(3)アグネスウイン、(1)スズカロングの内枠3頭に集中し、青葉賞は(10)アドミラブルから(11)(4)(2)(3)(1)の5点が結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.