競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 大阪杯



 今年からG1に昇格した第61回の大阪杯。残念ながらフルゲートの16頭立てにはならなかったが、(5)キタサンブラック、(14)マカヒキと(7)サトノクラウンの三強を中心に、なかなかの好メンバーが集まった印象だ。
  そういった中でもG1・3勝、実績的には抜きん出ている(5)キタサンブラックが『カツラギ』の本命。その予想勝率は24%であり、2番手18%の(4)ステファノス、3番手12%(14)マカヒキらをリードする形となった。
  ただ、そこまで(5)キタサンブラック一色にはならず、『ダビジェネ』は(7)サトノクラウン、『C−Lex』は(11)マルターズアポジーを果敢に推奨。人気と比較すると、(14)マカヒキの印がやや薄い印象。
  とは言え、連軸という意味で(5)キタサンブラックは動かし難いところ。穴系ソフトの推奨馬は(6)サクラアンプルール、(8)ロードヴァンドールの2頭で、買い目のほうはスンナリと決定。
  (12)アンビシャスや(13)ヤマカツエース、(1)ミッキーロケットといった辺りもそこには含まれず、大阪杯は(5)キタサンブラックと(7)サトノクラウンの馬連が本線。(4)(11)(6)(8)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.