競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 金鯱賞



 96年、旧・高松宮杯に代わるG2として現在の施行条件となった金鯱賞。近年は有馬記念への最終ステップとして定着していたのだが、今年から同コースのG3・中日新聞杯と入れ替わる形で春季開催に移設されることになった。
  すなわち、3ヵ月前にも施行されていた金鯱賞。そこでの勝ち馬(6)ヤマカツエースが。予想ソフトに高く評価されるのは当然のことだろう。斤量が1kg増えるとはいえ、有馬記念4着の前走も『ダビジェネ』『C−Lex』が着目するセールスポイント。
  『カツラギ』は予想勝率28%で(2)プロディガルサンを推奨するも、(6)ヤマカツエースには届かず総合3番手。その間に入るのは(9)ステファノスで、(1)ルージュバックも加えた4頭が上位に陣取る。おそらくどれも人気どころなのではないかと思われる。
  しかし人気どころでガチガチというレースでもなく、穴系ソフトは(10)サトノノブレスや(8)スズカデヴィアス、(7)アングライフェン、(11)ヒットザターゲットといった辺りをを果敢にプッシュ。すこし穴目に比重を置き、金鯱賞は(6)から(9)(10)(8)(7)(11)の5点を結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.