競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 弥生賞



 重賞勝ち馬は(11)カデナと(7)コマノインパルスの2頭だけ。2戦2勝の(9)ダイワキャグニーを加えても、やや小粒なメンバーと考えられる今年の弥生賞。人気上位の5〜6頭が単勝オッズ10倍を切りそうな混戦だ。
  予想ソフトは将来性よりも実績重視の傾向が強いのだが、まずは実績最上位と考えられる(11)カデナの印が薄いことに驚いた。◎はもちろん○▲も1つもなく、△の印がポツポツと付く程度。『カツラギ』予想勝率7%、総合8番手ではちょっと手が出せない。
  『ダビジェネ』は(7)コマノインパルス、『C−Lex』は(9)ダイワキャグニーをそれぞれ推奨するも、それらを上回ったのは『カツラギ』予想勝率22%の(4)ダンビュライト。サウジアラビアRCの2着よりも、きさらぎ賞3着が評価された形だが、同馬にしても通常の4歳重賞では勝ち負けに届かない掲示板レベル。低指数であることは否めない。
  ならば思い切って振り回してみるのもひとつの手段。万馬券製造機の異名を持つ『Queen』の推奨を厚く受ける(2)テーオーフォルテ、弥生賞はここから(4)(9)(7)(10)(1)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.