競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - クイーンC



 東京メーンのクイーンC。このレースの勝ち馬は次走トライアルを使わずに、そのまま桜花賞へ直行というローテーションが20年以上も前から定着している。
  しかし残念ながら31年前のメジロラモーヌを最後に、このレースを使った馬が桜花賞を制覇した例は途絶えたまま。昨年のメジャーエンブレムも敗れ、過去30年クイーンC出走馬の桜花賞は延べ90戦1勝という成績になってしまった。
  とはいえ、ミッキークイーンやヴィルシーナ、ホエールキャプチャ、リトルアマポーラなど、オークス以降のG1勝ち馬は、ここから多数輩出。なぜか桜花賞には結びついていないのだが、出世レースであることは間違いない。
  今年のクイーンCも、例年に負けず劣らず好素質馬が多数。その中でもひときわ目立つのは(15)アドマイヤミヤビなのだろうが、予想ソフトが推奨するのは実績最上位である(8)レーヌミノルのほうだった。
  『カツラギ』予想勝率24%は(15)アドマイヤミヤビの17%を大きく上回り、『ダビジェネ』など過半数がこれに賛同。クイーンCは、(8)レーヌミノルから(15)(14)(11)(12)(10)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.