競馬マスターズ
2018年07月22日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - すばるS



 京都メーンのすばるSは、フェブラリーSへのステップともなるダート1400mのオープン特別戦。ここは別定戦ではあるものの、ハンデ戦さながらの難解な一戦となりそうだ。
  実績上位は2歳時に重賞勝ち、前走ダート転向初戦で結果を出した(9)タガノエスプレッソだろうか。同馬は『カツラギ』が予想勝率19%で本命とするも、他の賛同を得られず総合2番手にとどまった。
  代わって総合首位となったのは、『ダビジェネ』が強く推奨する14%の(5)ブラゾンドゥリス。『C−Lex』本命(14)パーティードレスも含めての三つ巴だが、すばるステークスは(5)ブラゾンドゥリスから(9)(14)(10)(16)(13)に流してみたい。
  中山メーンのカーバンクルSは、(7)ナックビーナスが驚異の『カツラギ』予想勝率56%。元々指数が高く出やすいタイプだと感じていたのだが、それにしても今回は別格。『ダビジェネ』『C−Lex』もこれに同意し、2番手以降は横一線。大きく離された(4)と(6)を買い目からはずし、こちらは(7)ナックビーナスから(3)(1)(12)(9)(10)の5点流しで勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.