競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 菊花賞



 春の実績馬がそれぞれにトライアルを快勝し、二強体制で迎えた菊花賞。近年は天皇賞に向かう3歳馬も珍しくはなく、徐々に空洞化の気配も窺える長距離戦だが、今年は3番人気以下も含めてまずまずメンバーがそろったと言えるのではないだろうか。
  そういった中でも予想ソフトが一番に評価するのは、(6)ディーマジェスティ。多くの予想ソフトが行っているのは、実は未来予測ではなく過去実績の比較であり、しかもそれは時計比較ではなく、おもにクラス実績の比較だと思われる。
  それを前提に考えるなら、皐月賞・G1タイトルの有無のみならず、重賞勝ちの数でも2勝の(3)サトノダイヤモンドを上回る、重賞3勝の(6)ディーマジェスティが高く評価されるのは当然か。『カツラギ』予想勝率も15%対13%、本命は(6)ディーマジェスティ、(3)サトノダイヤモンドは2番手固定という評価で決定した。
  大きく離れた3〜4番手には、これも人気の一角である(1)カフジプリンスと(8)ミッキーロケットが並ぶのだが、それよりもここは穴系ソフトの推奨各馬でヒモ穴狙い。菊花賞は(6)から(3)(11)(10)(17)(18)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.