競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - BSN賞



 本日の新潟メーンは、ダート・オープン特別ハンデ戦のBSN賞。BSNとは1952年に放送を開始した、新潟放送の略称。長らくダートのスプリント戦として定着していたレースだが、現在は中距離のハンデ戦として夏の新潟を彩るレースとなっている。
  近年はアジアエクスプレスやインカンテーションなど、話題性のある馬が出走していたBSN賞だが、今年はオープン勝ち馬が(7)トウショウフリーク、1頭だけという小粒なメンバー構成。しかし同馬は3年前の勝ち馬であり、前年の2着馬であるという点は気に留めておくべきだろうか。
  ハンデ戦であるだけに、予想ソフトの評価は割れた。『カツラギ』予想勝率20%の(2)ピオネロと『C−Lex』推奨の(1)キープインタッチ。ほかにも(8)アルタイルや(6)メイショウイチオシなどがひしめくところ、その争いをわずかに制したのが『ダビジェネ』の本命となった(10)モズライジン。
  トップハンデの(7)トウショウフリークは9歳馬、さすがに穴系ソフトの推奨しか得られず総合6番手。BSN賞は(10)モズライジンから(2)(1)(6)(7)(4)の5頭に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.