競馬マスターズ
2018年09月23日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阿蘇S



 小倉メーンの阿蘇ステークスはオープン特別のハンデ戦。過去10年を振り返っても実績馬、トップハンデ馬の成績が芳しくないレースだが、今年はオープン勝ち馬が不在ということもあって、トップハンデが55kgの大混戦。実力伯仲、白熱したレースが期待できそうだ。
  『カツラギ』の本命は予想勝率17%の54kg(6)ピンポンであり、『ダビジェネ』『C−Lex』の推奨は53kg(8)トミケンユークアイ。予想ソフトの本命は逃げ馬と追い込み馬、両極端な2頭に分かれてしまった。
  本命の数はほとんど差のないところだが、印の総数が多いのは(8)トミケンユークアイではなく(6)ピンポンのほう。ハンデ55kgの3頭はいずれも総合4番手以下であり、阿蘇ステークスは(6)ピンポンから(8)(2)(1)(9)(3)へ。直線一気の弾けるような伸びを期待する。
  新潟メーンの新潟日報賞は、『カツラギ』予想勝率32%の(10)ブラヴィッシモが他を圧倒。さすがに57.5kgの図抜けたトップハンデとなってしまったが、それでもここは仕方なし。こちらは(10)から(12)(15)(6)(5)(9)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.