競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 小倉記念



 少頭数になることが多い割にハイペースとなる小倉記念。過去10年の前半3ハロンはいずれも34秒台であり、前半だけなら同距離のG1・天皇賞(秋)と比較しても格段に速い。小倉の芝は時計が出やすい傾向にはあるのだが、それを考慮してもJRA随一のハイペース中距離戦ではないかと考えられる。
  そのような背景もあって、過去11年でコース・レコードの更新が4回。ハイペース巧者といえば、3年前に1分57秒1を記録して、このコースのレコードホルダーとなっている(7)メイショウナルトの姿も見えるのだが、予想ソフトの目はそちらには向いていないようだ。
  これこそ予想ソフトが単純に“持ち時計”比較をしているわけではないという証拠。『カツラギ』は(5)ベルーフ、『ダビジェネ』は(11)ダコール、『C−Lex』は(4)アングライフェンを筆頭に推奨してきた。
  なかでもアタマひとつ抜け出したのは、3頭の中で持ち時計が最も遅い(4)アングライフェン(1分58秒4)。3年前の(7)メイショウナルトとて、そのレコードを記録する前の持ち時計は2分1秒4だった。小倉記念は(4)から(11)(5)(2)(6)(3)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.