競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中京記念



 安田記念から1ヵ月半、後半戦スタートの古馬マイル重賞としたて定着してきた中京記念。現施行条件になってからの過去4年、連対馬延べ8頭はいずれも5番人気以下だった。三連複、三連単の配当も跳ね上がっており、相当な荒れ重賞だと思われる。
  しかしそういった中でも、『カツラギ』の本命は予想勝率32%での(8)ダッシングブレイズ。おそらく1番人気の馬だろう。『ダビジェネ』推奨(12)ケントオーや『C−Lex』本命(11)ダノンリバティと並ぶ形だが、それでも首位は譲らない。
  荒れる重賞であるだけに安易な1番人気推奨は避けたいところだが、『カツラギ』2番手11%の(15)タガノエスプレッソ、同3番手10%の(7)ピークトラムを大きく離しての予想勝率32%は軽く扱えないところ。3歳馬(6)トウショウドラフタの評価は押し並べて低く、こちらは総合9番手なので、それを外すことで折り合いを付けてみよう。
  穴系ソフトの推奨も多岐に渡り、(3)(10)(14)(9)(16)の5頭が候補。とてもすべてに手が回る頭数ではないが、中京記念はヒモ穴狙い。(8)から(11)(3)(10)(14)(9)の5点流としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.