競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 函館日刊スポーツ杯



 リアファル、エイシンヒカリにアヴェンチュラなど、3歳馬の準オープン挑戦は夏競馬の楽しみのひとつ。毎年7月も半ばになると3歳馬が準オープンを賑わし(人気になり)はじめるのだが、今年はまだ6月に1頭が出走しただけ。今週も3歳馬の準オープン出走はなく、例年よりも少し3歳勢の出足が鈍い印象だ。
  函館メーンの函館日刊スポーツ杯は4歳馬の(9)ゴールドペガサスが『カツラギ』の本命。その予想勝率は30%にまで達し、これが『C−Lex』推奨の(3)フミノムーンと『ダビジェネ』本命(13)アピアを退けて、総合首位の座に収まった。
  同じ4歳(3)フミノムーンは二段階降級からの再昇級だが、それよりも降級初戦の(9)ゴールドペガサスということだろうか。(13)アピアにしても前走芝で小差の競馬、たしかに軽視できない雰囲気だ。
  (13)アピアは穴系ソフトからも強い支持を得ており、その他に上がった名前は(1)ウォーターショパン、(2)サンシカゴと(16)モンマックスの3頭。ここまで上手い具合に6頭で収まり、函館日刊スポーツ杯は(9)ゴールドペガサスから(3)(13)(1)(2)(16)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.