競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 函館記念



 函館メーンの函館記念は、前週の七夕賞と並び夏競馬の象徴となる芝2000mのハンデ重賞。近年は競馬場の改装や距離変更でバリエーションが出てきたのだが、20世紀の夏競馬は、平坦小回り芝2000mのハンデ重賞が2ヵ月ほど毎週続くようなイメージだった。
  トップハンデはオープン6勝の良血馬、未完のまま8歳となってしまった(2)トーセンレーヴだが、人気的には(3)レッドレイヴンと(4)バイガエシの一騎打ちか。予想ソフトは勢いより実績を重視する傾向にあり、当然ここは(3)レッドレイヴンのほうに大多数の票が集まることになった。
  (3)レッドレイヴンの『カツラギ』予想勝率は23%。2番手(6)マイネルミラノが10%、3番手(15)ダービーフィズ(前年勝ち馬)が9%であることを考えると、ハンデ戦としてはかなりの高確率と考えても良いだろう。
  それに対して(4)バイガエシは予想勝率は2%の総合13番手。ちょっと極端すぎるような気がしないでもないが、神戸新聞杯4着も含めて、近走いずれも重賞レベルの指数に達していないという見解。函館記念は(3)から(6)(14)(15)(8)(13)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.